なにがスゴイか?万能細胞 : その技術で医療が変わる!

中西貴之 著

日本発のスゴイ技術、それがiPS細胞。この技術を使えば、体の一部から、あなたのエッセンスがギュッと詰まった細胞を作り出すことができるのだ。理論の上では、あなたの複製を作り出すことも可能だという。おぉ、なんて素晴らしい技術!しかし…これは今までのクローンと何が違うんだろう?現在までの研究を振り返りながら、誰もが感じる疑問を解き明かし、iPS細胞がもたらす劇的な医療技術革新を、いっしょに学んでみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 iPS細胞の誕生(臓器の機能を回復させる医療
  • 人間の体ができる仕組み
  • 再生医療とは何なのか ほか)
  • 第2部 万能細胞と再生医療の現場(創薬研究への応用
  • 遺伝子組み換え動物の限界
  • 細胞シート工学 ほか)
  • 第3部 万能細胞その可能性と課題(幹細胞を用いた医療がもたらすもの
  • 再生医療実現までに解決しなければならないこと
  • 日本におけるヒト幹細胞を用いる臨床研究 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なにがスゴイか?万能細胞 : その技術で医療が変わる!
著作者等 中西 貴之
書名ヨミ ナニ ガ スゴイ カ バンノウ サイボウ : ソノ ギジュツ デ イリョウ ガ カワル
書名別名 Nani ga sugoi ka banno saibo
シリーズ名 知りたい!サイエンス
出版元 技術評論社
刊行年月 2008.7
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-3514-4
NCID BA86437174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21451260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想