議論好きなインド人

アマルティア・セン 著 ; 佐藤宏, 粟屋利江 訳

神秘主義でも、宗教原理主義でも、核兵器でも、IT産業や暗算力でもない。3000年の歴史に探る民主主義の水脈。ノーベル経済学賞受賞者が解き明かす真に学ぶべきインド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 声と異端(議論好きなインド人
  • 不平等、安全の欠如、そして声
  • 大きなインド・小さなインド
  • ディアスポラと世界)
  • 第2部 文化とコミュニケーション(タゴールとかれのインド
  • 私たちの文化、かれらの文化
  • インドの諸伝統と西洋の想像力
  • 中国とインド)
  • 第3部 政治と異議申し立て(運命との約束
  • インドにおける階級
  • 女と男
  • インドと核爆弾)
  • 第4部 理性とアイデンティティ(理性の射程
  • 政教分離主義とその批判
  • 暦から見るインド
  • インド人のアイデンティティ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 議論好きなインド人
著作者等 Sen, Amartya
佐藤 宏
粟屋 利江
セン アマルティア
書名ヨミ ギロンズキナ インドジン : タイワ ト イタン ノ レキシ ガ ツムグ タブンカ セカイ
書名別名 The argumentative Indian

対話と異端の歴史が紡ぐ多文化世界
出版元 明石書店
刊行年月 2008.7
ページ数 686p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-2795-2
NCID BA86429074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21516908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想