皇帝の閑暇 : 西洋中世奇譚集成

ティルベリのゲルウァシウス 作 ; 池上俊一 訳

西洋史の泰斗ジャック・ルゴフが「先駆的民俗学者」と呼んだティルベリのゲルウァシウスによる奇譚集。南フランス、イタリアを中心にイングランドやアラゴンなどの不思議話を一二九篇収録。幽霊、狼男、人魚、煉獄、妖精、魔術師…。奇蹟と魔術の間に立つ"驚異"は「人間と世界の在り方の反省へと、謙虚に誘う」神聖な現象だった。中世人の精神を知るために必読の第一級史料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 磁石
  • アグリジェントの塩
  • 雪花石膏
  • エジプトの無花果の樹
  • 生長して灰に帰するペンタポリスの果物
  • 月の満ち欠けにしたがう石
  • 三つの賜物
  • フルクトゥアールムの墓地
  • カミッサの窓
  • ル・ピュイの家々〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皇帝の閑暇 : 西洋中世奇譚集成
著作者等 Gervase, of Tilbury
Tilberiensis, Gervasii
池上 俊一
ティルベリのゲルウァシウス
書名ヨミ コウテイ ノ カンカ : セイヨウ チュウセイ キタン シュウセイ
書名別名 Otia imperialia ad Ottonem 4 imperatorem ex manuscriptis
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.7
ページ数 296p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159884-3
NCID BA8642074X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21461536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想