ゴンチャローフ日本渡航記

イワン・アレクサンドロヴィチ・ゴンチャローフ 著 ; 高野明, 島田陽 訳

一八五三年八月、通商を求めるプチャーチン提督の秘書官として長崎に来航したゴンチャローフ。通詞を介しての奉行とのやりとり、さらに幕府全権・筒井政憲、川路聖謨らとの交渉が進められてゆく。傑作『オブローモフ』作者の目に、日本の風景、文化、庶民や役人の姿はどう映ったのか。鋭い観察眼と洞察力にユーモアを交え、芸術的に描かれる幕末模様。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小笠原諸島(シナ海
  • 疾風 ほか)
  • 第2章 一八五三年末と一八五四年初頭の日本におけるロシア人(その一)(長崎港に入る
  • 日本人の初訪問 ほか)
  • 第3章 一八五三年末と一八五四年初頭の日本におけるロシア人(その二)(相互の贈物
  • 新しい顔ぶれ ほか)
  • 第4章 琉球諸島(海岸の景色
  • 泊津 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴンチャローフ日本渡航記
著作者等 Goncharov, Ivan Aleksandrovich
島田 陽
高野 明
ゴンチャローフ イワン・アレクサンドロヴィチ
書名ヨミ ゴンチャローフ ニホン トコウキ
書名別名 Фрегат"Паддада"
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.7
ページ数 443p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159867-6
NCID BA86420579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21460896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想