ジェンダー学の最前線

R.コンネル 著 ; 多賀太 監訳

フェミニズムの「勝利」、男性学の発展、バックラッシュ、ネオリベラリズムの衝撃…最新の社会情勢をふまえ、"ジェンダーとは何か?"からグローバルなジェンダー秩序までを明快に説く、すべての人に開かれたジェンダー学への招待。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジェンダーとは何か
  • 第2章 学校・鉱山・性・戦争
  • 第3章 差異と身体
  • 第4章 ジェンダー関係
  • 第5章 個人生活におけるジェンダー
  • 第6章 マクロレベルにおけるジェンダー
  • 第7章 ジェンダーと知識人
  • 第8章 ジェンダー・ポリティクス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェンダー学の最前線
著作者等 Connell, R. W.
Connell, Raewyn
多賀 太
コンネル レイウィン
書名ヨミ ジェンダーガク ノ サイゼンセン
書名別名 Gender
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.7
ページ数 289p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1342-5
NCID BA86416516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21489845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想