福本和夫著作集  第7巻 (カラクリ技術史・捕鯨史)

福本和夫 著 ; 石見尚, 小島亮, 清水多吉, 八木紀一郎 編

縦横無尽、痛快無比の実証的産業・技術史!江戸〜明治中期における職人文化と今日に引き継がれる労働=技術過程に焦点を合わせ、「分業に基づく協業」の発展形態をリアルに解明するユニークな先駆的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 カラクリ技術史話(カラクリ技術復興史総説
  • 中国におけるカラクリ技術の発達と衰亡 ほか)
  • 2 日本工業の黎明期-日本マニュファクチュアの綜合・比較研究(鉱山業の変遷
  • 鍛冶と鋳物の町 ほか)
  • 3 日本工業先覚者史話(大久保利通・津田仙・前田正名
  • 福沢諭吉・矢野文雄・渋沢栄一 ほか)
  • 4 日本捕鯨史話(鯨の生態と効用
  • わが捕鯨方法発展の五段階 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福本和夫著作集
著作者等 小島 亮
清水 多吉
石見 尚
福本 和夫
書名ヨミ フクモト カズオ チョサクシュウ
書名別名 カラクリ技術史・捕鯨史

Fukumoto kazuo chosakushu
巻冊次 第7巻 (カラクリ技術史・捕鯨史)
出版元 こぶし書房
刊行年月 2008.6
ページ数 830, 15p
大きさ 22cm
付随資料 16p.
ISBN 978-4-87559-237-2
NCID BA86403911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21451983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想