人魚

田辺悟 著

"人にして魚"という、人間の想像力が自然との関わりにおいてつくり上げた"異形のもの"の文化を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヒトと人魚-文学・歴史・民俗(人魚の生いたち-東西人魚誌
  • 古文献の中の人魚たち
  • 文芸作品の中の人魚たち
  • 人魚伝説の諸相
  • 人魚塚と人魚伝説
  • 世界に伝わる人魚話)
  • 第2部 モノと人魚-美術・工芸・文化(装飾・デザインと人魚
  • 芸術・文化の中の人魚
  • 美術館の中の人魚
  • 街角を飾る人魚
  • 現存する人魚)
  • 第3部 人魚百話(瓦版紙上の人魚
  • 風刺画と人魚
  • 人魚の持ち物
  • 八百比丘尼の入定洞
  • 子育てをする人魚
  • 人魚とヒトとの交接
  • 人魚を祀る神社
  • 妙薬としての人魚と真珠
  • 人魚出版物の受難
  • 人魚を愛したシェークスピア
  • 人魚を唄う歌
  • 人魚映画・紙上鑑賞-銀幕を飾った人魚たち
  • キリスト教会と人魚-二股の人魚
  • メミングウェイ・ホームの人魚
  • 海底地名になった人魚-「人魚のハエ」
  • 人魚出現の年代記)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人魚
著作者等 田辺 悟
書名ヨミ ニンギョ
シリーズ名 ものと人間の文化史 143
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.7
ページ数 338p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21431-8
NCID BA86402409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21513539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想