温暖化防止に向けた将来枠組み : 環境法の基本原則とポスト2012年への提案

環境法政策学会 編

京都議定書のその先、日本と世界はどう進んでいくべきか。利害が交錯する温暖化対策への法政策からの提案-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ポスト2012年の将来枠組み形成に向けて(将来枠組みをめぐる問題の全体像
  • 国連気候変動枠組条約その他の環境法における基本原則の分析
  • 市場メカニズムの利用と温暖化対策 ほか)
  • 第2部 ポスト2012年の将来枠組み形成-パネルディスカッション
  • 第3部 個別研究報告(汚染者負担原則(Polluter Pays Principle)
  • 温暖化規制制度におけるCBDR原則
  • 衡平の原則(世代間及び世代内) ほか)
  • 第4部 環境法政策学会の活動(環境法政策学会第11回学術大会
  • 第11回学術大会における各分科会の活動
  • 規約及び役員名簿 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 温暖化防止に向けた将来枠組み : 環境法の基本原則とポスト2012年への提案
著作者等 環境法政策学会
書名ヨミ オンダンカ ボウシ ニ ムケタ ショウライ ワクグミ : カンキョウホウ ノ キホン ゲンソク ト ポスト 2012ネン エ ノ テイアン
シリーズ名 Journal of environmental law and policy 第11号
環境法政策学会誌 第11号
出版元 商事法務
刊行年月 2008.6
ページ数 202p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-1559-5
NCID BA86396430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21526229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想