これからの非常食・災害食に求められるもの  2

新潟大学地域連携フードサイエンス・センター 編

平成19年9月2日に開催されたシンポジウム「これからの非常食・災害食のために」をまとめたもの。特に食を通しての健康管理、被災生活の長期化による健康面での二次災害の防止対策、被災時の食の質的維持、非常食の備蓄の問題など内容をより深く掘り下げて企画。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題の原因を考える ライフラインの喪失と食事の条件
  • 被災現場における実態その1 中越地震における食問題調査報告-(財)にいがた産業創造機構防災・救災産業研究会「被災者ニーズ調査」から
  • 被災現場における実態その2 避難生活と口腔ケアの大切さ
  • 対策の現状と課題 震災時に求められる非常食の条件
  • 新しい取組みその1 企業における非常食備蓄について
  • 新しい取組みその2 「新潟県災害時栄養・食生活支援活動ガイドライン」策定の目的と課題
  • パネルディスカッション 「これからの非常食・災害食のために」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これからの非常食・災害食に求められるもの
著作者等 新潟大学地域連携フードサイエンスセンター
新潟大学地域関連フードサイエンスセンター
書名ヨミ コレカラ ノ ヒジョウショク サイガイショク ニ モトメラレル モノ
書名別名 災害時に必要な食の確保

Korekara no hijoshoku saigaishoku ni motomerareru mono
巻冊次 2
出版元 光琳
刊行年月 2008.5
ページ数 113p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7712-0802-5
NCID BA86392520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21429863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想