教育評価

田中耕治 著

「相対評価」から「目標に準拠した評価」へと、評価の考え方が大きく転換した。子どもたちの未知の可能性を引き出す評価のあり方とはどのようなものか?教育評価論の歴史と成果を踏まえながら、新しい「教育評価」の理論と方法を提起する本格的テキスト。教職を志す人にも実践に取り組む教員にも最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学力調査と学力実態
  • 第1部 教育評価の立場と構造(「エバリュエーション」の成立
  • 「教育評価」の混迷と再生
  • 教育評価論の位相と展開)
  • 第2部 教育評価の機能と方法(教育実践と教育評価の役割
  • 評価方法の原理と新しい評価の方法
  • 教育評価の制度とその改善)
  • 第3部 日本における教育評価の歴史的展開(近代日本の教育評価の歴史
  • 第二次世界大戦後の教育評価の歴史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育評価
著作者等 田中 耕治
書名ヨミ キョウイク ヒョウカ
書名別名 Kyoiku hyoka
シリーズ名 岩波テキストブックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.7
ページ数 236p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-028050-1
NCID BA86383519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21470914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想