世界へと滲み出す脳 : 感覚の論理、イメージのみる夢

古谷利裕 著

イメージの荒野をさまよう巡礼者のごとくジャンルの境界線を越えて思考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A イメージをめぐって(世界へと滲み出す脳-デヴィッド・リンチ論
  • 幽霊VS宇宙人?Jホラーにおける運命と愛-清水崇・高橋洋・黒沢清
  • 演劇における、イメージの現前性、同一性、自律性について-中野成樹+フランケンズ『遊び半分』、サンプル『カロリーの消費』、中野成樹『Zoo Zoo Scene(ずうずうしい)』
  • 映画のなかの絵画-ルノアール、ストローブ=ユイレ、吉田喜重)
  • B 絵画をめぐって(空気を抱え込む人体-レオナルド・ダ・ヴィンチ論
  • 重力と恩寵、UFOと肘掛け椅子-横尾忠則とマティス
  • 経験の発生の条件 どこでもない場所-岡崎乾二郎の絵画
  • イメージの複製と反復(ベンヤミンvs岡崎乾二郎)-岡崎乾二郎論・補論
  • フレームのこだま、宿命の光-小林正人「絵画の子」とバーネット・ニューマン「英雄的にして崇高な人」)
  • C 男の子、女の子、の方へ(女の子、男の子の、世界の終わりから始まる道-『少女革命ウテナ』と『フリクリ』
  • 互恵関係と依存関係-米澤穂信「小市民シリーズ」
  • 解離のヘヴィ・スキル-大道珠貴をめぐって
  • 歴史と固有性、そして記憶-橋本治『ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件』を巡って)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界へと滲み出す脳 : 感覚の論理、イメージのみる夢
著作者等 古谷 利裕
書名ヨミ セカイ エ ト シミダス ノウ : カンカク ノ ロンリ イメージ ノ ミル ユメ
書名別名 Sekai e to shimidasu no
出版元 青土社
刊行年月 2008.7
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6422-8
NCID BA86378654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21538524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想