目からウロコの宇宙論入門

福江純 著

天文学の入門書。宇宙論、初歩の初歩。いま現在地上で生活している私たちにとって天文学がなんの役にたつのか、これまでどのようなことがわかった/わからなかったか、いまどのようなことがわかりかけているのか、それがわかるとなにが変わるのか-。人が地球と英宙について考え始めて以来の宇宙観の変遷の歴史と、最新の宇宙像をわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代の最新宇宙像-宇宙の天体と歴史の概観
  • 古代の宇宙-神話伝承の時代から天動説の確立まで
  • 中世の宇宙-地動説革命から絶対時空の確立まで
  • 近世の宇宙-太陽系の起源論から天の川の実体論まで
  • 近代の星宇宙-星の分類とエネルギー源の解明
  • コンパクト宇宙-星の終末の姿
  • ブラックホール宇宙-天体活動の黒幕
  • 膨張する宇宙-相対論の完成と科学的な宇宙論の開始
  • 火の玉宇宙-実証されたビッグバン
  • 開闢時の宇宙-量子論的な宇宙像の発展
  • 万物理論の宇宙-力の統一と高次元宇宙
  • 人間と宇宙-知性が宇宙を認識するのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目からウロコの宇宙論入門
著作者等 福江 純
書名ヨミ メ カラ ウロコ ノ ウチュウロン ニュウモン
シリーズ名 Minerva text S.library 1
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.8
ページ数 208p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-05201-1
NCID BA86377006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21469361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想