甲骨文字に歴史をよむ

落合淳思 著

現代われわれが使用している漢字は、古代中国で生まれた甲骨文字を直接継承している。では、その文字は、どんな世界・どんな社会・どんな信仰において書き記されたのだろうか?甲骨文字の成り立ちや読み方を解説しながら、古代文明の姿を覗く。日本語で読める甲骨文字&殷王朝史の最先端の研究を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 甲骨文字とはなにか(甲骨文字が語るもの
  • 甲骨文字を読む)
  • 第2部 文明と社会(自然と文明
  • 神と祭祀
  • 王と権力)
  • 第3部 殷王朝の歴史(王の系譜
  • 殷から周へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 甲骨文字に歴史をよむ
著作者等 落合 淳思
書名ヨミ コウコツ モジ ニ レキシ オ ヨム
書名別名 Kokotsu moji ni rekishi o yomu
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.7
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06431-8
NCID BA86363114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21488059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想