最底辺の10億人 : 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?

ポール・コリアー 著 ; 中谷和男 訳

サハラ以南のアフリカ諸国の惨状、最貧の国々を捕らえ続ける四つの罠。柔軟性を欠く先進国、貪るだけの石油・建設企業、善意のみのNGO。誰も地獄の縁に生きるアフリカの人々を本気で救おうとはしていない。最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 なにが本当の問題なのか?(脱落し崩壊する最底辺の一〇億人の国)
  • 第2部 これらの国を捕らえる数々の罠(紛争の罠
  • 天然資源の罠
  • 内陸国の罠
  • 小国における悪いガバナンスの罠)
  • 第3部 グローバル化がもたらしたもの(世界経済の中で好機を逸する最貧国)
  • 第4部 われわれのとるべき手段(救済のための援助となっているのか?
  • 軍事介入
  • 法と憲章
  • 周緑化を逆換させる貿易政策)
  • 第5部 最底辺の一〇億人の国にとっての戦い(われわれの行動の指針)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最底辺の10億人 : 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?
著作者等 Collier, Paul
中谷 和男
コリアー ポール
書名ヨミ サイテイヘン ノ 10オクニン : モットモ マズシイ クニグニ ノ タメニ ホントウ ニ ナスベキ コト ワ ナニカ
書名別名 The bottom billion

Saiteihen no 10okunin
出版元 日経BP社 : 日経BP出版センター
刊行年月 2008.6
ページ数 319p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8222-4674-7
NCID BA86347832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21444593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想