韓の国の家族

多胡吉郎 著

1983年、ドキュメンタリー番組の制作に携る著者は、日韓の文化交流を描く番組を通じて、韓国陶芸の復興をめざす作家、趙誠主氏と出会う。物語の第一部は、ソウルオリンピックが開催された激動の80年代、ソウル郊外の窯場を訪ね、陶芸家夫妻や幼い息子たちと過ごした思い出の日々。第二部は20年後、文筆家となった著者と、夫妻そして成人した兄弟との再会-。ハングル混じりの会話とモノローグで綴られる家庭のほのぼのとした日常に、韓国の社会問題や朝鮮陶芸史の空白と日韓関係など、スパイシーな話題が絡まる。テレビドラマのような描写と展開で、日本人がとうに忘れ、韓国でも薄れつつある「家族の絆」をみごとに描いた新感覚のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 (一九八六年〜一九八八年)(ラーメン食べて、春愛は走った
  • 遊びに学ぶ「人は愛」
  • 偉大なる道を亀が行く
  • スカートの風が呼ぶ「もう死にそう」の物語)
  • 2 (二〇〇六年〜二〇〇七年)(センチメンタル・ジャーニー
  • もうひとつの故郷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓の国の家族
著作者等 多胡 吉郎
書名ヨミ カラ ノ クニ ノ カゾク
出版元 淡交社
刊行年月 2008.6
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-473-03512-7
NCID BA86310344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21439322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想