ディアスポラの力 : ユダヤ文化の今日性をめぐる試論

ジョナサン・ボヤーリン, ダニエル・ボヤーリン 著 ; 赤尾光春, 早尾貴紀 訳

「ユダヤ国家」に抗うユダヤ人。領土国家に代わる別の地盤を提供し、アイデンティティと政治組織を論争的なかたちで結合する、「ディアスポラ主義」の高らかな宣言。2論考を加えた日本オリジナル版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ディアスポラの力
  • 第1章 トリックスター、殉教者、利敵協力者-ディアスポラと抵抗のジェンダー・ポリティクス
  • 第2章 キリヤス・ヨエルで憲法上のアイデンティティを画定する
  • 第3章 ユダヤ人問題と国家理性
  • 第4章 ディアスポラ-ユダヤ人アイデンティティの生成とその根拠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディアスポラの力 : ユダヤ文化の今日性をめぐる試論
著作者等 Boyarin, Daniel
Boyarin, Jonathan
早尾 貴紀
赤尾 光春
ボヤーリン ダニエル
ボヤーリン ジョナサン
書名ヨミ ディアスポラ ノ チカラ : ユダヤ ブンカ ノ コンニチセイ オ メグル シロン
書名別名 Powers of diaspora
出版元 平凡社
刊行年月 2008.6
ページ数 417p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-70275-0
NCID BA86276188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21457713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想