実録三国志

于濤 著 ; 鈴木博 訳

後漢王朝末期の爛熟腐敗、諸士群雄の決起、そして曹操の活躍を中心に三国鼎立までの道を犀利に説きあかし、新興士族社会の誕生という壮大な歴史のうねりを再現。天下平定の夢と理想、そして錯雑なる陰謀詭計の細部を活写し、背後に潜む精神の葛藤と非情な宿命を描ききる。現代「三国志」研究の重要成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 皇位継承の争い
  • 士人のクーデター
  • 武人の決起
  • 関東同盟
  • 生か死か
  • 旧都の塵
  • 天子の奉戴
  • 新しい朝廷
  • 反撃
  • 花はだれの家に散るのか
  • 禅譲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実録三国志
著作者等 于 濤
鈴木 博
于 涛
書名ヨミ ジツロク サンゴクシ
書名別名 Jitsuroku sangokushi
出版元 青土社
刊行年月 2008.6
ページ数 445p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6411-2
NCID BA86248808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21524197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想