障害をもつ子が育つということ : 10家族の体験

野辺明子, 加部一彦, 横尾京子, 藤井和子 編

この子は「つながり」の中で生きていく…障害をもつ子との日常を親たちが綴った手記集。編者が親・専門家の立場から寄せた「体験を読む」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 10家族の体験(たくさんの人とのつながりのなかで-四肢全欠損など
  • 「当たり前」のかかわり合いを求めて-EEC症候群
  • 移植を待つ息子との暮らし-ファンコニー貧血
  • 医療から放り出されたくない-胎児発育遅延
  • 親子愛で共倒れになる前に-胎児発育遅延 ほか)
  • 第2章 体験を読む-4つの立場から(親の立場から-知ってほしい!障害をもつ子と親の日常
  • 看護の立場から-「当たり前の暮らし」を支える
  • ケースワーカーの立場から-目に見えない障害をもつ子と親の精神保健
  • 医師の立場から-子育ての「リスク」を乗り越えるためのネットワークを)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害をもつ子が育つということ : 10家族の体験
著作者等 加部 一彦
横尾 京子
藤井 和子
野辺 明子
書名ヨミ ショウガイ オ モツ コ ガ ソダツ ト イウ コト : 10 カゾク ノ タイケン
書名別名 Shogai o motsu ko ga sodatsu to iu koto
出版元 中央法規
刊行年月 2008.6
ページ数 293p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8058-3022-2
NCID BA86233742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21443303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想