広田弘毅 : 「悲劇の宰相」の実像

服部龍二 著

日露戦争後、職業外交官の道を歩み始め、欧米局長・駐ソ大使など要職を歴任した広田弘毅。満州事変以降、混迷を深める一九三〇年代の日本で、外相・首相として、欧米との協調、中国との「提携」を模索する。しかし、二・二六事件以降、高圧的な陸軍と妥協を重ね、また国民に広がる対中国強硬論に流され、泥沼の戦争への道を開いた。東京裁判で唯一文官として死刑に処せられ、同情論が多い政治家・広田の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 二つの顔
  • 第1章 青年期-福岡から霞ヶ関へ
  • 第2章 中国と欧米の間-北京・ワシントン・モスクワ
  • 第3章 外相就任と協和外交-対中国政策の理想と迷走
  • 第4章 首相の一〇ヵ月半-陸軍との葛藤
  • 第5章 「国民政府を対手とせず」-日中戦争初期の外相
  • 第6章 帝国日本の瓦解-一重臣として
  • 第7章 東京裁判-「積極的な追随者」の烙印
  • 終章 訣別

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広田弘毅 : 「悲劇の宰相」の実像
著作者等 服部 龍二
書名ヨミ ヒロタ コウキ : ヒゲキ ノ サイショウ ノ ジツゾウ
書名別名 Hirota koki
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.6
ページ数 296p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101951-6
NCID BA86232885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21467299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想