もっともわかりやすいゲーム理論

清水武治 著

「実戦トレーニング」で身に付く戦略思考。囚人のジレンマ、共有地の悲劇、フリーライダー問題、サンクトペテルブルクの逆説など、ゲーム理論特有の問題から最善の意思決定を導く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゲーム理論への案内
  • ゲーム理論の基礎を押さえよう
  • ゲーム・モデルをつくる
  • ゲームの「支配戦略」を見極める
  • 支配戦略がないゲームの答えを導く「ナッシュ均衡」
  • 最適反応だが最大の利得を得られない「囚人のジレンマ」
  • 共有地の悲劇は「囚人のジレンマ」の社会版
  • 囚人のジレンマを克服する「繰り返しゲーム」
  • フリーライダー問題を解き明かす「合理的なブタ」モデル
  • 「ゲームの木」で難問を解決する
  • 「戦略的操作」で相手を意のままに動かす
  • 自分の選択を狭めて戦略的な価値を高める「コミットメント」
  • 「約束」を見極めて有利な展開を考える
  • 戦略的操作の信ぴょう性を検証する
  • すべての余剰を取れる「最後通牒」
  • 余剰が減るスピードが決め手となる多段階交渉
  • 不確実ならリスクが高い
  • 情報完備・情報不完備ゲームというキー
  • プリンシパルとエージェントの深遠な関係
  • ゲーム理論を実践に生かす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もっともわかりやすいゲーム理論
著作者等 清水 武治
書名ヨミ モットモ ワカリヤスイ ゲーム リロン
出版元 日本実業出版社
刊行年月 2008.6
ページ数 229p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-534-04402-0
NCID BA86220092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21446328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想