日本人のリテラシー : 1600-1900年

リチャード・ルビンジャー 著 ; 川村肇 訳

識字率20%!?江戸時代民衆の読み書き能力は、本当に高かったのか?日本教育史の議論を根底から覆す名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 兵農分離・庄屋層-江戸初期
  • 第2章 署名・符牒・印鑑-江戸初期
  • 第3章 農書・家訓・地方文人-一八世紀
  • 第4章 民衆の学び・手習所・農村知識人-一九世紀
  • 第5章 日本訪問記・入札-一九世紀
  • エピローグ 壮丁教育調査資料-明治期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人のリテラシー : 1600-1900年
著作者等 Rubinger, Richard
川村 肇
ルビンジャー リチャード
書名ヨミ ニホンジン ノ リテラシー : 1600 - 1900ネン
書名別名 Popular literacy in early modern Japan

Nihonjin no riterashi
出版元 柏書房
刊行年月 2008.6
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7601-3390-1
NCID BA86217473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21460315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想