やさしいベイトソン : コミュニケーション理論を学ぼう!

野村直樹 著

人類学者にして、生態学者、コミュニケーションを探求し精神医学・心理学にも大きな影響を与え、パプアニューギニアの部ノ司統合失調症者やイルカの対話を研究し、かの文化人類学者マーガレット・ミードの元夫でもあり、ニューエイジ思想のカリスマにして、禅センターで死んだ-グレゴリー・ベイトソンって何者?…という疑問をベイトソン本人から学んだ人類学者野村直樹がわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ソフト・バット・ベリー・グッド
  • ベイトソン・セミナー
  • 二十世紀最大の思想家
  • ヒトがもし進化を遂げなかったら?
  • 主人と従士
  • ベイトソンって、なに?
  • ベイトソンの世界
  • その頃のベイトソン
  • あそび、フレーム、パラドクス
  • ダブルバインド前夜
  • それってダブルバインド?
  • ダブルバインドとは
  • ベイトソン展望
  • 『精神の生態学』を読む-結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やさしいベイトソン : コミュニケーション理論を学ぼう!
著作者等 野村 直樹
書名ヨミ ヤサシイ ベイトソン : コミュニケーション リロン オ マナボウ
出版元 金剛
刊行年月 2008.6
ページ数 170, 4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7724-1028-1
NCID BA86208315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21442782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想