フランス映画の社会史 : マリアンヌのフィアンセたち

ピエール・マイヨー 著 ; 中山裕史, 中山信子 訳

ジャン・ギャバン、ジャン・マレー、ジェラール・フィリップ、アラン・ドロン、ジャン=ポール・ベルモンド、ジェラール・ドパルデュー、20世紀フランスを代表する男性スター6人が表象するものは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「フランス人」の原像-一九三〇年代
  • 第2章 新たなチャンス-一九三五〜三六年
  • 第3章 労働者階級の死-一九三七〜三九年
  • 第4章 ドイツ熱とフランスの再建-一九四〇〜四四年
  • 第5章 白馬の騎士の出現-一九四五〜五九年
  • 第6章 アメリカ熱とフランスの解体-一九五九〜六八年
  • 第7章 「フランス人」の復活-一九七〇〜九〇年代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス映画の社会史 : マリアンヌのフィアンセたち
著作者等 Maillot, Pierre
中山 信子
中山 裕史
マイヨー ピエール
書名ヨミ フランス エイガ ノ シャカイシ : マリアンヌ ノ フィアンセタチ
書名別名 Les fiances de Marianne

Furansu eiga no shakaishi
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2008.6
ページ数 338p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8188-1981-8
NCID BA86208020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21444879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想