源氏物語を読む

瀧浪貞子 編

王朝社会に生きた源氏一族の壮大な物語は、紫式部が歴史書として描いた「虚構のなかの正史」であった。歴史・文学・考古学・芸術ほか幅広い視点から『源氏物語』の時代と後世への影響をみすえた新しい魅力に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 源氏物語とその時代
  • 1 源氏物語の土壌(源氏物語の登場
  • 源氏物語と王権
  • 源氏物語の男と女
  • 王朝貴族の生と死)
  • 2 源氏物語の世界(検証・平安京とその周辺
  • 王朝貴族と源氏物語
  • 描かれた源氏物語)
  • 3 現代に生きる王朝の遺産(源氏物語以後-注釈書を中心に
  • 源氏物語と日本文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語を読む
著作者等 滝浪 貞子
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ オ ヨム
シリーズ名 源氏物語
歴史と古典
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.7
ページ数 256p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-07151-2
NCID BA86207684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21443282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想