環境経済学講義 : 持続可能な発展をめざして

諸富徹, 浅野耕太, 森晶寿 著

環境経済学の進展と研究領域の拡大を踏まえた新テキスト。環境保全の目標や政策手段は持続性の観点から検討されるようになった。政策手段論としての自発的取り組み、ポリシー・ミックス、費用負担論を掘り下げて解説するとともに、環境評価論の意義や役割を再検討し、グローバリゼーションと環境問題を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境経済学の基礎理論(持続可能な発展と環境経済学
  • 環境問題の経済学的基礎)
  • 第2部 環境政策の展開(環境政策手段の基礎理論
  • 不確実性への対処とポリシー・ミックス
  • 自発的取り組みの展開と課題
  • 環境政策手段の組合せ-理論的基礎とその実際
  • 環境政策の新しい課題-分権化とグローバル化)
  • 第3部 環境評価の意義と限界(環境評価とは何か-「みえないもの」をとらえる
  • 非市場評価の理論と応用
  • 環境評価の実践的展開-生態系サービスと生命の価値および持続可能性指標
  • 環境政策における費用負担原理)
  • 第4部 グローバリゼーションと環境問題(国際貿易・外国直接投資と環境
  • 国際環境協力と資金メカニズム
  • 貧困と環境)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境経済学講義 : 持続可能な発展をめざして
著作者等 森 晶寿
浅野 耕太
諸富 徹
書名ヨミ カンキョウ ケイザイガク コウギ : ジゾク カノウナ ハッテン オ メザシテ
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2008.6
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-18365-0
NCID BA86190592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21456769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想