ストレスとはなんだろう : 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したか

杉晴夫 著

私たちは当たり前のように「ストレス」という言葉を使うが、実は、この言葉が誕生してから、約80年しか経っていない。すべての病気の原因が病原体にあると信じられていた1930年代、若き天才科学者ハンス・セリエは、心や肉体へのストレスが体の変調をもたらすという画期的な「ストレス学説」を提唱した。医学を革新した天才的な閃きはいかにして生まれたのか?科学者たちが織りなす人間ドラマを通じて、「ストレス学説」誕生の秘密に迫る力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 若き日のハンス・セリエの抱いた疑問
  • 第2章 ホルモンの発見-高峰譲吉のアドレナリン発見物語
  • 第3章 ストレス学説誕生前夜-インシュリン発見物語
  • 第4章 セリエの研究の行き詰まりとストレス学説の着想
  • 第5章 ストレス学説の成立-ストレス反応の三つの時期
  • 第6章 視床下部ホルモンの発見戦争
  • 第7章 精神的ストレス疾患はなぜ起きるのか?
  • 第8章 ストレス解消による健康長寿への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストレスとはなんだろう : 医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したか
著作者等 杉 晴夫
書名ヨミ ストレス トワ ナンダロウ : イガク オ カクシンシタ ストレス ガクセツ ワ イカニシテ タンジョウシタカ
シリーズ名 ブルーバックス B-1604
出版元 講談社
刊行年月 2008.6
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257604-8
NCID BA86180770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21454707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想