里山ビジネス

玉村豊男 著

熊が徘徊する里山の森の一角に個人で立ち上げたワイナリーとレストラン。その道のプロの誰もが無謀だと断言した素人ビジネスが、何故客を呼び寄せ成功に導かれていったのか?ビジネス上の計算はなくとも、やりたいことのコンセプトは明快にあった。里山の自然の恵みとともにある仕事をやりながら暮らしを成り立たせる、それが里山ビジネス。拡大しないで持続する、愚直で偽りのない生活と共にあるビジネスとは?グローバリズムの嵐の中での日本人の生き方を問う一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 素人商売事始め(失敗したシャンパンサーブル
  • 仏滅の日にオープンする ほか)
  • 第2章 ワイナリーを起業する(ワイナリーオーナーという肩書
  • もっとも割に合わないビジネス ほか)
  • 第3章 里山のビジネスモデル(ワイナリーという施設が意味するもの
  • ここにしかないブランドの価値 ほか)
  • 第4章 拡大しないで持続する(炭火焼きの教訓
  • ヨーロッパの豚 ほか)
  • 第5章 グローバル化は怖くない(風が吹けば桶屋が損する
  • 賞味期限がなかった頃 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 里山ビジネス
著作者等 玉村 豊男
書名ヨミ サトヤマ ビジネス
書名別名 Satoyama bijinesu
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2008.6
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720448-3
NCID BA86176489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21442888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想