死してなお求める恋心 : 「菟原娘子伝説」をめぐって

廣川晶輝 著

二人の男性に求愛されてしまった!その時、彼女はどうしたか?万葉集では大伴家持ら有名歌人の歌のモデルとなり、後に物語や謡曲、そして森鴎外の作品の題材にまでなった菟原娘子。日本人の心を惹きつけてやまないその伝説の魅力とは?人々が受けつぎ、つむぎ、そして生まれた、ひとつの新たな文学史のかたち。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 三つの古墳
  • 2 『万葉集』の「菟原娘子伝説」
  • 3 『大和物語』の「菟原娘子伝説」
  • 4 謡曲「求塚」の「菟原娘子伝説」
  • 5 森鴎外作戯曲「生田川」の「菟原娘子伝説」
  • 6 墓という"場所"
  • 7 「偲び」の回路を開き得る"場所"としての墓
  • 8 墓に出くわす歌
  • 9 墓が持つ特質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死してなお求める恋心 : 「菟原娘子伝説」をめぐって
著作者等 廣川 晶輝
書名ヨミ シシテ ナオ モトメル コイゴコロ : ウナイ オトメ デンセツ オ メグッテ
シリーズ名 新典社新書
出版元 新典社
刊行年月 2008.5
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6108-2
NCID BA86149351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21446630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想