日本人はどこまで減るか : 人口減少社会のパラダイム・シフト

古田隆彦 著

2004年12月の一億二七八〇万人をもって日本の人口はピークを迎えた。翌05年から現象が始まり、今後も減り続ける。2042年には一億人を割り、百年後には三分の一になるとも予測されている。その結果を受けて、政府やマスコミはGDPや所得の低下、消費市場の縮小、年金の破綻などの悲観論を喧伝するが、これらは真実なのか?人口減少が下げ止まり反転増加することはないのか?日本の人口変化を「人口容量」という仮説から大胆に予測した文明論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人口減少を読み違えるな!
  • 第1部 人口減少がはじまった(日本人はなぜ減るか
  • 動物はなぜ増えすぎないか
  • 人間は文化で人口を抑える)
  • 第2部 人口は波を描く(人口容量から人口波動へ
  • 人類の五つの波
  • 日本人の五つの壁)
  • 第3部 人口が反転する(回復の可能性を探る
  • 人口反転の条件
  • 濃縮社会をめざす
  • 新たな波動に向かって)
  • パラダイムを転換する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人はどこまで減るか : 人口減少社会のパラダイム・シフト
著作者等 古田 隆彦
書名ヨミ ニホンジン ワ ドコマデ ヘルカ : ジンコウ ゲンショウ シャカイ ノ パラダイム シフト
書名別名 Nihonjin wa dokomade heruka
シリーズ名 幻冬舎新書
出版元 幻冬舎
刊行年月 2008.5
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98084-6
NCID BA86148916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21517126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想