体系的哲学者キケローの世界 : ローマ哲学の真の創設

角田幸彦 著

[目次]

  • 第1章 『アカデミカ』における知の分析(論理学)
  • 第2章 『神々の本性について』の宗教哲学(自然学)
  • 第3章 『善と悪の究極について』『トゥスクルム荘対談集』『義務について』3作品における倫理学(『善と悪の究極について』
  • 『トゥスクルム荘対談集』
  • 『義務について』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体系的哲学者キケローの世界 : ローマ哲学の真の創設
著作者等 角田 幸彦
書名ヨミ タイケイテキ テツガクシャ キケロー ノ セカイ : ローマ テツガク ノ シン ノ ソウセツ
出版元 文化書房博文社
刊行年月 2008.6
ページ数 312p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8301-1123-5
NCID BA86141531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21444632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想