近代日本の鉄道構想

老川慶喜 著

井上勝、田口卯吉、犬養毅、佐分利一嗣、南清などの鉄道構想を検討し、明治期日本の経済発展と鉄道との関係を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明治初年の鉄道構想
  • 第2章 企業勃興期の鉄道構想
  • 第3章 鉄道敷設法の制定と鉄道構想
  • 第4章 地域経済界と鉄道敷設構想
  • 第5章 『東京経済雑誌』の鉄道構想
  • 第6章 鉄道国有論に抗して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の鉄道構想
著作者等 老川 慶喜
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ テツドウ コウソウ
シリーズ名 近代日本の社会と交通 第3巻
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2008.6
ページ数 284p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8188-1995-5
NCID BA86118245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21446856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想