マグロが減るとカラスが増える? : 環境問題を身近な生きものたちで考える

小澤祥司 著

生きもののつながりが切れてしまうと、困ったことになるのです。生態系の危機。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 捜査ファイル1 シカが増えると山崩れが起きる!-山の動物たちに異変
  • 捜査ファイル2 ハチが消えて農作物がとれなくなった!-自然界で受け渡されているもの
  • 捜査ファイル3 田んぼが変わり、メダカが消える!-川の魚たちの危機
  • 捜査ファイル4 マグロやイワシが減っているのはなぜか?-海の生きものたちの危機
  • 捜査ファイル5 アオマツムシとカラスは、なぜ増える?-温暖化と都市化と生きものたち
  • 捜査ファイル6 人間がつくり出す"毒"が、地球をめぐる!-公害と生態系
  • お話のおわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マグロが減るとカラスが増える? : 環境問題を身近な生きものたちで考える
著作者等 小澤 祥司
書名ヨミ マグロ ガ ヘルト カラス ガ フエル : カンキョウ モンダイ オ ミジカナ イキモノタチ デ カンガエル
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2008.5
ページ数 177p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-478-00565-1
NCID BA86117956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21444980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想