「教えて考えさせる授業」を創る : 基礎基本の定着・深化・活用を促す「習得型」授業設計

市川伸一 著

学力差がある現実の教室を前提に、どの子にも確かな理解・定着・参加が生まれる授業をどう創るか。いま、授業づくりの基本を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、いま「教えて考えさせる授業」なのか(「教えずに考えさせる授業」は理想的か
  • 「教えて考えさせる授業」とは ほか)
  • 第2章 「教えて考えさせる授業」の実際(授業の概要
  • 「教える」段階の進め方 ほか)
  • 第3章 「教えて考えさせる授業」をどうつくるか(「教える」ときの注意と工夫
  • 「考えさせる」課題の設定 ほか)
  • 第4章 教育界の動きと「教えて考えさせる授業」(教育改革の社会的動向の中で
  • 「教えて考えさせる授業」の広がり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「教えて考えさせる授業」を創る : 基礎基本の定着・深化・活用を促す「習得型」授業設計
著作者等 市川 伸一
書名ヨミ オシエテ カンガエサセル ジュギョウ オ ツクル : キソ キホン ノ テイチャク シンカ カツヨウ オ ウナガス シュウトクガタ ジュギョウ セッケイ
シリーズ名 教育の羅針盤 1
出版元 図書文化社
刊行年月 2008.6
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8100-8510-5
NCID BA86113489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21524458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想