家族心理学と現代社会 : 日本家族心理学会設立25周年記念特集号

日本家族心理学会 編

変貌を遂げる現代社会の中で混迷を深める親子・夫婦・家族関係。家族療法・家族カウンセリングの実践、家族心理学の実証的研究における最新の成果を提示し、家族心理学の社会的位置づけを再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族心理学の現在(現代社会と家族心理学
  • 家族心理学における統合的視点)
  • 2 家族心理学の展開(家族に関する実証的研究の展望
  • 家族内コミュニケーション研究の意義と最近の成果 ほか)
  • 3 第24回年次大会シンポジウムより(高齢化が日本の家族システムに及ぼす影響
  • 少子化問題、解決への提言-日本家族心理学会第24回大会準備委員会による調査結果を中心として)
  • 資料(『家族心理学年報』特集タイトル一覧
  • 家族心理学関連文献一覧)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族心理学と現代社会 : 日本家族心理学会設立25周年記念特集号
著作者等 日本家族心理学会
書名ヨミ カゾク シンリガク ト ゲンダイ シャカイ : ニホン カゾク シンリ ガッカイ セツリツ 25シュウネン キネン トクシュウゴウ
書名別名 Kazoku shinrigaku to gendai shakai
シリーズ名 家族心理学年報 26
出版元 金子書房
刊行年月 2008.6
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7608-2340-6
NCID BA86110301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21445913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想