ひとつの文壇史

和田芳恵 著

一葉研究の第一人者であり、晩年『接木の台』『暗い流れ』など、人間の業を見つめ、味わい深い世界を描いた作家・和田芳恵の出発は、編集者であった。昭和六年、新潮社に入社、大衆雑誌「日の出」の編集に携わり、菊池寛、吉川英治、尾崎士郎、小島政二郎ら多くの作家とつき合い、小説の純化のために奔走した。「その時の目撃者として、生き証人になることを心がけ」綴った回想録は、当時の貴重な文壇人物誌となった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "大学は出たけれど…"
  • 新潮社に入社
  • 雑誌「日の出」の編集者となる
  • 谷譲次・林不忘・牧逸馬の死
  • 光る長谷川伸の話術
  • 偉丈夫、山岡荘八
  • 漂泊の人、三上於菟吉
  • 大樹、菊池寛
  • 武田麟太郎、林芙美子
  • 大衆雑誌の舞台裏の人たち
  • 堤千代の『小指』に賭ける
  • 生活の名人、川口松太郎
  • 『人生劇場』の尾崎士郎
  • 島木健作、子母沢寛、野呂栄太郎
  • 永遠の青年、吉川英治
  • 空想部落の人々と小島政二郎の周囲
  • 原稿料の相場
  • しのび寄る戦時気分
  • 新潮社の四十周年
  • ふたりの女流作家
  • 真杉静枝の愛
  • 近松秋江の執念
  • 嵐の前の文学者
  • 編集者生活の結末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとつの文壇史
著作者等 和田 芳恵
書名ヨミ ヒトツ ノ ブンダンシ
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.6
ページ数 241p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290018-8
NCID BA86109222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21444281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想