君は大丈夫か : zeroより愛をこめて

安野光雅 著

「世の中はいろんな立場、いろんな考え方が入り混じって、とても複雑にできてるんだ。その中を君は生きて行かねばならぬ、やっと君は山道にさしかかったんだ。その道のりを苦しいと思うか、楽しいとみるかも、自分の感じ方次第だ。」-悩み多き年頃を迎えた少年への44の手紙を通じて語られる若者への熱いメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サンタクロースにもらったプレゼントのこと。「君たちはどう生きるか」の真似みたいだけど、「走れメロス」のことをいう前にいっておきたい「先入観」のこと。そして、犯人を投票で探そうとしたはなし。
  • 映画「運命の饗宴」の中の、同窓会で財布がなくなったはなし。先入観をなくして、ゼロから考えると、本当のものが見えてくるということ。
  • 先入観をなくして「走れメロス」のことを考えるために、もう一度横道にそれて、浜田広介の「ないた赤おに」を読んでみよう。鬼とはなにか、ゼロから考えてみる必要がありそうだ。
  • 鬼のモデルは人間だった。鬼という敵をつくることによって、もう一方の人間の安全をはかろうとしたようすが見えると、馬場あき子はいう。この手紙のなかにニタッと笑えるしかけもある。
  • 「走れメロス」とシラーの詩。「必ず、邪知暴虐の王を除かねばならぬと決意した」メロスと、たまたまこれを書いている今、つまり1986・2・25のフィリピンのアキノ政権の樹立と無血革命のこと
  • メロスは、友に一切の事情を語った。セリヌンティウスは無言でうなずいた。甘んじて人質になる。そして縄をうたれる。メロスは出発する。初夏、おりしも満点の星である。
  • 妹の結婚式を無事すませたメロスはシラクサの町にとってかえす。しかし河は氾濫し、行く手をふさぐ兵士もいる。その中をメロスは黒い風のように走る。そして、危機一髪メロスは刑場に突入する。
  • シェイクスピアの戯曲「ヴェニスの商人」のはなし。ポーシャに恋をしたバッサーニオのために、いわば人質になるアントーニオの場合。憎まれ役の高利貸シャイロックの立場。
  • ボート・ピープルと、歴史的なユダヤ人の迫害。「アンネの日記」を残し、ユダヤ人収容所で死んだアンネのこと。そして"いじめ"のこと。
  • どうもホテル代がたかいと思っていたら、その日はたまたまベニス恒例の"海の祭り"だったはなし。〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 君は大丈夫か : zeroより愛をこめて
著作者等 安野 光雅
書名ヨミ キミ ワ ダイジョウブカ : zero ヨリ アイ オ コメテ
書名別名 Kimi wa daijobuka
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.6
ページ数 366p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42445-7
NCID BA86108434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21490536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想