懐風藻 : 日本的自然観はどのように成立したか

辰巳正明 編

日本固有の花鳥風月、雪月花などの美意識、自然観はどこからはじまったのか?最古の漢詩集『懐風藻』にそのルーツをみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 日本的自然観はどのように成立したか
  • 1 原理としての自然
  • 2 季節・風土と自然
  • 3 宴と自然
  • 4 中国思想の受容
  • 5 仏教と自然
  • 6 植物と自然
  • 7 恋愛と自然
  • 8 東アジア古代漢詩と自然

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 懐風藻 : 日本的自然観はどのように成立したか
著作者等 辰巳 正明
書名ヨミ カイフウソウ : ニホンテキ シゼンカン ワ ドノヨウニ セイリツシタカ
書名別名 Kaifuso
シリーズ名 懐風藻
出版元 笠間書院
刊行年月 2008.6
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70380-4
NCID BA86098283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21446577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想