日本憲政史

坂野潤治 著

幕末、明治、大正、戦前昭和の70余年の日本近代史を、憲政史の視点から通観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 幕末議会論-土佐要因と薩摩要因
  • 第2章 幕末議会論と大阪会議
  • 第3章 明治一四年の政変
  • 第4章 明治憲法体制の発足
  • 第5章 大正デモクラシーと「憲政」
  • 第6章 政党内閣体制の展開とその限界
  • 第7章 危機の中の「憲政」
  • 第8章 天皇機関説的独裁か天皇主権説的憲政常道か
  • 第9章 合法ファッショ、協力内閣、人民戦線
  • 終章 戦前憲政史の終幕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本憲政史
著作者等 坂野 潤治
書名ヨミ ニホン ケンセイシ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.5
ページ数 218, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-030147-3
NCID BA86083581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21449737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想