地獄の季節

ランボオ 作 ; 小林秀雄 訳

16歳にして第一級の詩をうみだし、数年のうちに他の文学者の一生にも比すべき文学的燃焼をなしとげて彗星のごとく消え去った詩人ランボオ(1854‐91)。ヴェルレーヌが「非凡な心理的自伝」と評した散文詩『地獄の季節』は彼が文学にたたきつけた絶縁状であり、若き天才の圧縮された文学的生涯のすべてがここに結晶している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地獄の季節(悪胤
  • 地獄の夜
  • 錯乱
  • 不可能
  • 光 ほか)
  • 飾画(大洪水後
  • 少年時
  • 小話
  • 道化
  • 古代 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地獄の季節
著作者等 Rimbaud, Arthur
小林 秀雄
Rimbaud J.N.A.
ランボオ
書名ヨミ ジゴク ノ キセツ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1970
版表示 改版.
ページ数 123p
大きさ 15cm
ISBN 4003255216
NCID BA35017080
BA86068453
BN01984181
BN0363883X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75025218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
地獄の季節
飾画
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想