母語教育という思想 : 国語科解体/再構築に向けて

難波博孝 著

いま教育現場には、単なるハウツーではない理論が求められている。しかし、国語教育の現場で必要とされる理論と、言語学/日本語学や文学研究が基盤としている理論とには絶望的な差異が存在する。新しい学問「母語教育学」に立脚して、その差異をつなぐ手立てを模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 研究方法論の再構築
  • 第2章 テクスト/文章の分析理論
  • 第3章 テクスト/文章の解釈理論
  • 第4章 自己/言語/教育
  • 第5章 「作品=教材」論-「作品」は生きることの「教材」である
  • 第6章 国語科解体/再構築に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母語教育という思想 : 国語科解体/再構築に向けて
著作者等 難波 博孝
書名ヨミ ボゴ キョウイク ト イウ シソウ : コクゴカ カイタイ サイコウチク ニ ムケテ
書名別名 Bogo kyoiku to iu shiso
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.6
ページ数 355p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1339-5
NCID BA86043623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21489835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想