『十五少年漂流記』への旅

椎名誠 著

著者が幼い頃から何度も読み返しているジュール・ヴェルヌのこの冒険小説には謎があった。十五人の子供たちが漂流した無人島チェアマン島のモデルは、本当にマゼラン海峡にあるのか?南米、そしてニュージーランドへ。冒険好き作家が、南太平洋の島々に物語の謎を追ったミステリアスな旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 小さくて多すぎるいやらしいものたち
  • 2 アレウト族の鼻の横骨
  • 3 マゼラン海峡へ
  • 4 ハノーバー島への航海
  • 5 アザラシの吠える声
  • 6 絶海の孤島で何を食うか
  • 7 太平洋ひと回り
  • 8 世界でここだけしかない時間を持つ怪し島
  • 9 漂流者をのせてさまよえる島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『十五少年漂流記』への旅
著作者等 椎名 誠
書名ヨミ ジュウゴ ショウネン ヒョウリュウキ エノ タビ
書名別名 Jugo shonen hyoryuki eno tabi
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2008.5
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603604-0
NCID BA86021992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21434669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想