音楽のたのしみ  第2

ロマン・マニュエル 著 ; 吉田秀和 訳

[目次]

  • 目次
  • 著者の序文 / p9
  • 〔第一部〕
  • 第一話 フランス音楽の精神(お客 ジャン・タルデュー) / p15
  • 第二話 フランス音楽の精神(続) / p23
  • 第三話 イタリア音楽の精神 / p30
  • 第四話 イタリア音楽の精神(続)(お客 フレデリック・ゴルドベック) / p37
  • 第五話 オーストリア音楽の精神(続)(お客 アレクサンデル・シュピッツミューレル) / p45
  • 第六話 ドイツ音楽の精神(お客 トニー・オーバン) / p51
  • 第七話 イギリス音楽の精神(お客 アンリ・ソーゲ) / p57
  • 第八話 スペイン音楽の精神(お客 アンパリト・ペリス) / p63
  • 第九話 ロシア音楽の精神(お客 ピエール・スフチンスキー) / p69
  • 〔第二部〕時間開発器
  • 第十話 一一八三年 ノートル・ダーム楽派 一三六四年 ギヨーム・ド・マショー(お客 ジャック・シャイエー) / p79
  • 第十一話 一四八〇年 ジョスカン・デ・プレ 一五八〇年 オルランド・ディ・ラッソ パレストリーナ、ビクトリアおよびコストレー(お客 マルセル・クーロー) / p87
  • 第十二話 一六〇〇年 カッチーニ、ペリ 一六一〇年 モンテヴェルディ、ハインリヒ‐シュッツ / p93
  • 第十三話 一六四二年の音楽、シュッツとモンテヴェルディ / p99
  • 第十四話 十七世紀フランス・リューティスト / p104
  • 第十五話 一六八〇年の音楽(お客 ガストン・リテーズ) / p111
  • 第十六話 一六八六年の音楽 ジャン‐バティスト・リュリー(お客 ピエール・バルビエ) / p116
  • 第十七話 一六九七年 ラランド、カンプラ、コレリ、パーセル(お客 ジョナサン・グレフィン) / p125
  • 第十八話 一七二五年 フランソワ・クープラン、デトゥシュ、ヴィヴァルディ(お客 ルネー・ジラルドン) / p131
  • 第十九話 一七三〇年 ヨーハン‐セバスチアン・バッハ(お客 ピエール・カプドヴィエル) / p138
  • 第二十話 一七四〇年 バッハ、ヘンデル、D・スカルラッティ、J‐P・ラモー / p146
  • 第二十一話 一七四〇年 ジャン‐フィリップ・ラモー / p152
  • 第二十二話 一七七四年 グルック、フィリドール、モンシニー バッハの息子たち、シュタミッツ父子(お客 ムッシュー・クロッシュ・アンティディレッタント) / p159
  • 第二十三話 一七七四年 C‐W・グルック / p165
  • 第二十四話 一七八〇年 ヨーゼフ・ハイドン、ボッケリーニ、ソーレル師 / p172
  • 第二十五話 一七七七年 ミヒァエル・ハイドン / p178
  • 第二十六話 一七八四年 グレトリー、チマローサ(お客 ジョゼ・ブリュイール) / p183
  • 第二十七話 一七八七年 ヴォルフガング‐アマデウス・モーツァルト / p190
  • 第二十八話 一八〇一年 メユール、ボワエルディユー、ベートーヴェン / p199
  • 第二十九話 一八一〇年 ベートーヴェン(お客 アルテュール・オネゲル) / p206
  • 第三十話 ロマンティスムの武器庫 / p215
  • 第三十一話 ロマンティスムの資源--復古主義 / p221
  • 第三十二話 ロマンティスムの資源--異国趣味 / p227
  • 注 / p235
  • 訳者のあとがき / p249

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 音楽のたのしみ
著作者等 Roland-Manuel
吉田 秀和
ロマン・マニュエル
書名ヨミ オンガク ノ タノシミ
巻冊次 第2
出版元 白水社
刊行年月 1966
ページ数 3冊
大きさ 21cm
ISBN 978-4-560-72097-4
NCID BA85986756
BN07125225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66008265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想