がんの痛みから患者を救う本 : がまんさせない! : オピオイドが「効く痛み」「効かない痛み」の見分け方

後明郁男 著

[目次]

  • 1 痛みの分類-ベッドサイドで発痛メカニズムを見抜く
  • 2 オピオイド製剤の理解-まずはオピオイドを全体的に理解しよう
  • 3 がん臨床の現場でよく用いられているオピオイド製剤とその特徴・使い方のコツ
  • 4 服薬指導のポイント
  • 5 がん疼痛治療におけるNSAIDsの意義と選択
  • 6 レスキューについて
  • 7 鎮痛計画と処方箋の実際
  • 8 おさらいQ&A 患者をがんの痛みから救うために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がんの痛みから患者を救う本 : がまんさせない! : オピオイドが「効く痛み」「効かない痛み」の見分け方
著作者等 後明 郁男
書名ヨミ ガン ノ イタミ カラ カンジャ オ スクウ ホン : ガマンサセナイ : オピオイド ガ キク イタミ キカナイ イタミ ノ ミワケカタ
出版元 日総研
刊行年月 2008.3
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7760-1345-7
NCID BA85918494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21479697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想