電車の運転 : 運転士が語る鉄道のしくみ

宇田賢吉 著

時速100キロ以上の速さで数百トンの列車を率いて走行し、時刻通りにホームの定位置にピタリと停める…。このような職人技をもつ運転士は、何を考え、どのように電車を運転しているのだろう。また、それを支える鉄道の仕組みとはどのようなものだろう。JRの運転士として特急電車から貨物列車まで運転した著者が、電車を動かす複雑精緻なシステムと運転士という仕事をわかりやすく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鉄道の特徴
  • 第2章 発射と加速
  • 第3章 走る-駅から駅まで
  • 第4章 止まる
  • 第5章 線路と架線
  • 第6章 安全のこと
  • 第7章 より速く
  • 第8章 運転士の思い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電車の運転 : 運転士が語る鉄道のしくみ
著作者等 宇田 賢吉
書名ヨミ デンシャ ノ ウンテン : ウンテンシ ガ カタル テツドウ ノ シクミ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.5
ページ数 272p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101948-6
NCID BA85911826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21444748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想