アウシュビッツの沈黙

花元潔 編集・解説 ; 米田周 インタビュー

後世への遺産。強制収容所とゲットーに囚われた23名の記憶の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ユダヤ人(クリスティーナ・ブドニツカの記憶
  • ハンナ・ポズナニカの記憶 ほか)
  • 第2章 連れ去られた子どもたち(イレナ・シフィエンチツカの記憶
  • アリツィア・ラチニスカの記憶 ほか)
  • 第3章 人体実験(カジミェシュ・リシャクの記憶
  • タデウシ・ロゴフスキーの記憶 ほか)
  • 第4章 収容所(マリアン・バフの記憶
  • ダヌタ・モニュシコの記憶 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アウシュビッツの沈黙
著作者等 米田 周
花元 潔
書名ヨミ アウシュビッツ ノ チンモク
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2008.5
ページ数 257p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-486-01796-7
NCID BA85901775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21458163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想