明治日本と万国博覧会

伊藤真実子 著

国々が技術や文化を競った万国博覧会。明治政府が参加した万博の出品方針、展示物、日本紹介の日本史、日本館での宴会、植民地展示に着目。万博を手本とした内国博覧会からも国内外への日本イメージの内容と変容を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 方法としての万国博覧会-近代日本の自己認識の解明をめざして
  • 第1章 明治前期の万博参加と日本史構想
  • 第2章 一九〇〇年パリ万国博覧会と日清戦争後の日本
  • 第3章 第五回内国勧業博覧会
  • 第4章 セントルイス万国博覧会と日露戦時外交
  • 第5章 日本大博覧会計画と日英博覧会
  • 終章 近代日本と万国博覧会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治日本と万国博覧会
著作者等 伊藤 真実子
書名ヨミ メイジ ニホン ト バンコク ハクランカイ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.6
ページ数 219, 4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03785-3
NCID BA85896416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21435833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想