後世への最大遺物 デンマルク国の話

内村鑑三 著内村鑑三 著

普通の人間にとって実践可能な人生の真の生き方とは何か。我々は後世に何を遺してゆけるのか。明治27年夏期学校における講演「後世への最大遺物」は、人生最大のこの根本問題について熱っぽく語りかける。

「BOOKデータベース」より

普通の人間にとって実践可能な人生の真の生き方とは何か。我々は後世に何を遺してゆけるのか。明治27年夏期学校における講演「後世への最大遺物」はこの根本問題について熱っぽく語りかける。「我々は何をこの世に遺して逝こうか。金か。事業か。思想か。…何人にも遺し得る最大遺物-それは高尚なる生涯である」。「デンマルク国の話」を併収。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 後世への最大遺物
  • デンマルク国の話

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 後世への最大遺物
  • デンマルク国の話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後世への最大遺物 デンマルク国の話
著作者等 内村 鑑三
書名ヨミ コウセイ エノ サイダイ イブツ. デンマルクコク ノ ハナシ
シリーズ名 岩波文庫 33-119-4
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.9
版表示 改版.
ページ数 142p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-331194-3
NCID BA85886194
BB06755052
BN03596489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21994614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想