死生学  1

島薗 進;竹内 整一【編】

[目次]

  • 1 死生学とは何か(死生学とは何か-日本での形成過程を顧みて
  • 死生学と生命倫理-「よい死」をめぐる言説を中心に
  • 生権力と死をめぐる言説
  • アメリカの死生観教育-その歴史と意義
  • 英国における死生学の展開-回顧と現状)
  • 2 死の臨床をささえるもの(生と死の時間-"深層の時間"への旅
  • なぜ人は死に怯えるのだろうか
  • エリザベス・キューブラー・ロス-その生と死が意味すること。
  • 「自分の死」を死ぬとは
  • 死の臨床と死生観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死生学
著作者等 島薗 進
竹内 整一
書名ヨミ シセイガク
書名別名 死生学とは何か
巻冊次 1
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.5
ページ数 257p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-014121-5
NCID BA8588258X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21435314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想