地盤技術論のすすめ : 地盤技術者のものの見方・考え方

栗原則夫, 今村遼平 共著

土質力学と地質学が融合しにくいのは何故か。経験的な設計過程、エンジニアリング・デザインとは。技術の基本である現場経験の方法はどうあるべきか。地盤工学の課題と今後の目指すべき方向とは。これからの地盤技術を担う技術者たちへ向けた問題提起の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自然科学と技術の方法
  • 第2章 地盤技術者のものの見方・考え方
  • 第3章 地盤技術者の地盤の見方-認識論
  • 第4章 地盤技術者の設計の考え方-設計論
  • 第5章 土質工学と地盤工学の現状と問題点
  • 第6章 地盤技術から見た地盤工学のあり方
  • 付録 問題解決の論理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地盤技術論のすすめ : 地盤技術者のものの見方・考え方
著作者等 今村 遼平
栗原 則夫
書名ヨミ ジバン ギジュツロン ノ ススメ : ジバン ギジュツシャ ノ モノ ノ ミカタ カンガエカタ
書名別名 Jiban gijutsuron no susume
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2008.4
ページ数 251p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-306-02398-7
NCID BA85875416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21522705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想