英文学への挑戦

富山太佳夫 著

"英文学"という沃野にのぞむ者が、今、すべきこととは何か?いわゆる「専門」の壁を越え、時代やジャンルの制約を越え、ハリー・ポッターも伝記もポルノも貪欲に読み、歴史学や哲学、批評理論にも眼を向ける-視野をかぎらない自由な思考のうちにこそ、古典的テクストの鮮烈な力が見えてくる。つねに分野の可能性に挑んできた著者による、新たな挑戦の一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 仕事の現場(今、講義とは
  • 文学史というシステム ほか)
  • 2 視点の動揺(とりあえず、ポルノ
  • クリオのまだらの道化服 ほか)
  • 3 帝国と文学(バークと大英帝国
  • 黒いイギリス ほか)
  • 4 新しい歴史文学を求めて(いたるところに、透明に-デリダ、フーコー、アルチュセール
  • 文化という枠組-T.S.エリオットの欺瞞のレトリック ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英文学への挑戦
著作者等 富山 太佳夫
書名ヨミ エイブンガク エノ チョウセン
書名別名 Eibungaku eno chosen
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.5
ページ数 414, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022277-8
NCID BA8587421X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21447425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想